FC2ブログ

Namgil Days

キム・ナムギルくんのファンブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ELLE Korea

またELLE Koreaサイトに記事掲載。
http://elle.atzine.com/elle/elleweb_template_fashion.iht?contId=B11_20100624_04840&menuId=M00124

悪い男ギムナムギルの歩みは続く。
'善徳女王'が終わるのが恐ろしく、ファンウ・スルヘと激情メルロドラマ '暴風前夜'が公開し息をつく間なしに走った。
年上の彼女テラ(オ・ヨンス役)まで正気でないようにする '悪い男' ゴヌクの魅力。
それは他でもないギムナムギルが悪い男だからだ。

mcms_as_return_resource.jpg
しばらくギムナムギルはピダムの衣を脱がないだろう。
<悪い男>のゴヌクはまさに現代版ピダムだ。
願う愛を得ることができなかったこの前と違い、今回はゴヌクが三人の女性の心を思いのままに翻弄する。
整えていない頭に無情なように目深にかぶった帽子の下にふっと差す鋭い目つきと冷ややかな冷笑まで確かにピダムだ。
ギムナムギルは大衆が自分に願うのが何か、自分に一番よく似合うのが何なのかを賢く突き通す。
そして率直に自分を取り出して見せる。
恐れなく。
それで私たちはまた仕方なくゴヌク、いやギムナムギルの魅力にはまってしまった。

<善徳女王>焚く愛を得ることができなかった。<悪い男>では三人の女の愛を同時に得ているのに、気持ちがどうなのか。

私が願う愛を得るのではいやなので。三人の女性が言おうがないとか。(笑い)
これが愛だと話すより、私がどんな目的によってその人々の純純性を奪っているのじゃないか。
後で罰を受けるか受けないかは分からないが、とにかく三人の人と撮影するのが皆感じが違う。
モネと会う時はモネとメロ一作品を取るみたいで、ジェインと撮る時はジェインとメロを取るようだ。
テラと撮る時もまた他の作品をするような感じがして。
その中で中心をよく捕えて連れ行くべきが三人の俳優が持っている色が違って演技する時とても混乱したりする。
後でその多い女キャラクターの中でどんなキャラクターがゴヌクに真実の愛で残るかは分からないが。

三人の女優たちと撮影する感じがそれぞれ違うと言ったが、どんな点が違うのかちょっと具体的に言ってほしい。

モネは本当に幼い感じ。あどけなさそのままだ。その人がそのように表現をよくしてくれているし。
ジェインは俗物でもあるが個人的な痛みがちょっとある。
‘ジェインがどうだ’ というよりゴヌクがジェインにはちょっと率直に近付く部分がある。
ジェインにはちょっと率直な心情で近付いたらテラという欲望的な部分を触れるという点で差がないか。
そんなに強くて堅固だった女を振ることができる部分。
家庭もあって子供もいる女を脅威するのじゃないか。
それなのかテラと向い合う時 ‘もうちょっと数えなくちゃいけない’と考えをする。

untitled.jpg

テラして演技しながら記憶に残るせりふや場面みたいなのがあるか。

言葉とおりテラには誘惑をその背景に敷いているが。
エレベーターの中でモネを抱いているのにテラを眺める場面が記憶に残る。
そして '初恋をして見たのか'を問って見る場面も。
理論的にすべて分かる感じや感情、そうなのを感じて見たことがあるかとテラに聞く。
それはもうその人のそんな経験がないということが分かっているからわざわざ痛い部分を触れたことだ。
この部分が特に記憶に残る理由は延期をする時研修お姉さんは柔らかいようだがすごく纎細にリアクションをしてくれるからだ。
鼻先でも目つきを投げること、ちょっと頭を巡らすこと、はにかみ、きまり悪さ同じ感情表現などに対してで。
何か私がする行動たちに対して相手がそのまま纎細に応じていることを感じるようにしてくれる。
それなのかテラとのシーンではもっと欲心(?)が出て俗っぽい末路 ‘取って食べてしまわなくちゃいけない’と言うふうに演技する。

untitle.jpg

‘悪い男’ ゴヌクのキャラクターが人気をあつめている。ギムナムギルの思う時大衆がゴヌクに魅力を感じる理由は何のようだが。

私は大衆がゴヌクが好むかわからなかった。ゴヌクというキャラクターが好んでくれる方々がいたらたぶそばにに存在しそうな男だからではないか。
もうドラマで悪い男というイメージはたくさん消耗になった以後にドラマ <悪い男>の ‘悪い’ 男キャラクターが出たのじゃないか。
誰もすべて悪い男に持っていた偏見的なイメージから脱して 'こんな男はそばにあることができることもできる'と言う共感台を導き出すのに魅力を感じることではないか。

そんなゴヌクとギムナムギルが仕方なく似ている点があったら何か。

私とゴヌクの似ている点はそうね...
人物とキャラクターを表現するのにあって出て違って距離感があったキャラクターはほとんどなかったようだ。
少しでも経験したものなどをキャラクターで極大化させる方だ。
ところでいざ実際の私は攻撃的に理性に近付くことはできない方だ。
近来 <悪い男>を取りながらテラというキャラクターに会ってそんな感じを理解したのか。
言わば雨降る日、私がテラを抱擁する場面があるのに年上な相手を ‘抱いてやりたい’は感じがした場合がなかった私が演技でそんな感情を理解するようになった。
ゴヌクと似つつある部分だ。

untit.jpg

ゴヌクの特徴的なビジュアルはひげと帽子だ。スタイル設定をどのようにしたのか。

監督がそんな帽子がすごく好きだったよ。(笑い) 多分 <ミアナダサランハンダ>をまだ忘れる事ができないようだ。
一人でいる感じ、感情を大きく現わさなかった時隠したい部分を帽子に表現したかったことがあった。
ひげはこの前製作発表会でも話をしたが私がピダムを脱ぎ捨てて、あるいは忘れて他の姿を見せてくれることができないところには大衆が沸き返えたピダムというキャラクターを現代式で持って来なくちゃいけないと言う気がした。
そしてひげを刈った時は私がちょっと幼く見えて。
特にヨンスさんと演技する時は重厚な感じをいかすことができるようでひげを付けるようになった。
ところで今また悩みをするのがドラマが 9回、10回に入ると広げておいた話を収まってディテールするように解いて行かなければならない時点だ。
復讐に対してももっと冷たくなるから外形的な部分でもどの位変化が必要でこのごろ悩みの中だ。

オ・ヨンスとハン・ガインとそれぞれ異なるキスシーンを撮影した。

ガインさんとはキスシーンを取ったよりは口付けの感じだった。

個人的にキスシーンの感じが違ったか。

キャラクターが違うから状況の中での感じも違うようだ。
言わば、ジェインとのキスシーンはときめくことと控目の感じだと言えるか。
‘この感情を表現しても良いか’、‘私がどうしてこのようだか’ と思うときめきみたいなこと。
その人の痛みに労しさを抱いたまま自分も分からなくキスをする感じ?
一方テラとのはいた純粋な震えのあるキスではないどの位官能的で意図的なキス?
純純性を排除した、悪く話せば ‘誘うための場面’入れるから感じ自体がとても違った。
率直に話せば ‘食わなくてはならない’‘堕落させてしまうつもりの’‘君がこれでも私に越えて来ないaようにしよう’ という表現の差だ。

キスシーンを撮影しながらオ・ヨンスと相談した部分があるか。

一度でもそんな感情を経験した人々が想像をたくさんするかそれとも本当に何も経験がして見られないからむしろそんなことをもっと想像することができるかということに対して話をたくさん交わした。
ヨンスさんは経験をして見たから '他の男とキスをしても同じ感じではなかったこと'と話していたよ。

先週に KBS <製パン王キムタックン>が初放送した。

うちの家族たちは <製パン王金キムタックン>がもっとおもしろいと言っていたよ。
昨日 <製パン王金キムタックン>を見た。
構成も良くてシナリオも良くて。
演出的な部分や映像的な部分も良かった。
延期があまりお上手な先生たちがたくさん出て沒入島も良かったようだ。
昨日家で '殺人' 出る所だった。
<ロードナンバーワン>は一連の天安する事態による大衆の不安心理と韓国戦争 60周年であるという意味性次元でも多分たくさん見ないか。
私も関心が高いから。
今根底に敷かれている心細い心理と韓国戦争をどんなに見せてくれるか分かりたい。
我が国の人々には大きな痛みでしょう。
その中で人々が持っている愛や友情が確かに見えるようで。
私、<ロードナンバーワン> 出演陣みたいではないか。
どうしてこんなによく分かっていることなの。(笑い)

その来週にはまた <ロードナンバーワン>このように放送される。その間で <悪い男>だけの競争力があったら。そしてユンシユンとソ・ジソブとは違うギムナムギルの魅力はどれがあるか。

競争力ない。
魅力もない。(笑い) そんな話を周辺でたくさんしていたよ。
<悪い男>というドラマの競争力と言うよりはの前で話したように今まで (話を) ピョルチョヌァッダなら、これからは復讐を深度あるように見せてくれて感じらせる時点、そうなのが競争力だと言えるか。
今まで会った女達をどんなに意図的に崩して悽絶に償つけるかに対して共感することができる...
痛みではない、ああなしかない正当性言葉だ。
もう広げておいたストーリーをディテールするように、もっと深みを持って解いて行かなければならない時点だ。

unti.jpg



6月初めに公開撮影を行ったときのインタビューと同じですね。
きっと公開インタビューで各社同じ記事を書いているのかな?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ナムギルくん除隊まで


プロフィール

midoです

midoです。

キム・ナムギルくんのペンブログです。

「ナップンナムジャ(悪い男)」のドラマ解説の専用ブログがあります。そちらもヨロシク~!!
(下のリンクからどうぞ)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ナップンナムジャ (44)
善徳女王 (16)
テレビ出演 (16)
花咲く春には (1)
暴風前夜 (2)
美人図 (2)
モダンボーイ (2)
映画 (1)
兵役 (13)
来日イベント (11)
行事 (2)
雑誌 (5)
受賞 (2)
CM (4)
OHUI (1)
The Class (1)
ジュエリー (1)
カフェ (1)
未分類 (0)
私たちを幸せにするいくつかの質問 (1)
ADHOC (1)
公式HP (2)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © Namgil Days All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。